2010年11月10日

カード払の時の領収書

ずいぶんと秋も深くなってきました。
やっぱり私にとっては、食欲の秋、です。
新米も芋もカニも美味しい♪

ところで

カード払いのお客様に発行する領収書に印紙税はいりますか?

というご質問をお客様から頂きました。

結論は必要ないです。
なぜなら金銭等の受領をしていないからです。

国税局のHPにも記載があります。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/inshi/19/37.htm

カード払決済である旨を領収書に明記してくださいね。
それがないと印紙を貼る必要が出てきます。

posted by 山の猫 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | その他税

2010年02月01日

郵便税

郵便税というのがあったことをご存じでしょうか。
今の郵便料金のことなんですが。

明治初期に国の事業として郵便制度が整えられた際、
それまで飛脚がやっていたそれぞれの料金との区別
するために、あえて国がやっている事業として「税」
という言葉を使ったようです。

税、といわれるとちょっと重々しいですね。

詳細
http://www.nta.go.jp/ntc/sozei/network/142.htm
posted by 山の猫 at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | その他税

2010年01月07日

おもしろ税 清涼飲料税 続

その後、物品税は平成元年の消費税の導入により廃止されました。

物品税が廃止される最終段階での課税対象は、飲科類及び飲料用のし好品(酒税を課されるものを除く)とし、飲料食料品のうち次のものだけが課税対象として残りました。

(1)果実水及び果実みつ
(2)コーヒーシロップ及び紅茶シロップ
(3)炭酸飲料
(4)コーヒー、ココア、ウ一口ン茶ほか

コーヒー大好き人間には痛い税金だったようです。。。(><)

posted by 山の猫 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他税

2010年01月06日

おもしろ税 清涼飲料税

その昔、大正15年に清涼飲料税なるものが導入されていたそうです。今、炭酸飲料に課税されたらみんな怒りますよね。それだけ当時は庶民の飲み物ではなく富裕層向けの高価な飲み物だった、ということなのでしょう。

清涼飲料ニハ左ノ区分二依り清涼飲料税ヲ課ス
 第1種 玉ラムネ壜詰ノモノ  
  1石二付  7円
 第2種 其ノ他ノ壜詰ノモ   
  1石二付  10円
 第3種 壜詰以外ノモノ    
  炭酸瓦斯使用量1瓩二付 3円

ラムネ瓶であるか否かで区別されていたようです。3種は量り売り(大タンクにはいったサイダーをコップ一杯ずつ売る、みたいな形態)をいっています。

その後、この清涼飲料税は昭和25年に廃止され、物品税に統合されたようです。
posted by 山の猫 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他税

2009年05月18日

書面添付制度

書面添付制度があることをご存じでしょうか。

簡単に言えば、税理士が決算申告を行うにあたり
こういうことに留意して、あるいはこうだったからこういうふうに処理しました、ということを書面にして申告書に添付する、という制度です。

これをすると何かいいことあるの?

よく言われてたことですが、今回国税庁より具体的にこういういいことがあります、みたいな発表がありました。

・記載内容が良好な添付書面について法第35条第1項に規定する意見聴取を行った結果、調査の必要がないと認められた場合は、税理士等に対し「現時点では調査に移行しない」旨を原則として書面により通知する(「意見聴取結果のお知らせ」)ことが明記されたこと。

・一方で、法第33条の2第1項に規定する書面の「1 自ら作成記入した帳簿書類に記載される事項」欄から「5 その他」欄に全く記載のないものは、税理士法に規定する添付書面とは認められず、意見聴取等を行う必要が無いことが明記されたこと。

なんだそうです。

何か書類も貰えるみたいですね。

詳しくはこちら↓ 国税庁HP

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/jimu-unei/hojin/090401/01.htm
posted by 山の猫 at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他税

2008年09月02日

犬税

突然ですが、犬に税金がかかるってご存知ですか?
もちろん日本ではなく諸外国の話。

ヨーロッパでは犬の飼い主に税金がかかるところ
まぁまぁ多いようで、たとえば

オランダでは一匹めで年約77ユーロ、二匹で約177ユーロ
スイスでは一匹めで年150スイスフラン、
二匹目からは一匹につき300スイスフラン加算 

犬三匹飼ったらそれだけですごいリッチ!!
この税金は主に犬の糞の始末に使われているそうです。
(参考資料がまちまちなので今現在の金額は違うと思われます)


日本でも、「生類哀れみの令」で有名な徳川綱吉将軍の時代
に犬に関する税金があったそうです。
野良犬を収容し、その費用を賄うため、江戸の町人など
から徴収したそうで、徴収目的は上記ヨーロッパのものとは
異なってます。

そして、その名残からなのか、日本では昭和57年まで
「犬税」存在したそうです。

最後の「犬税」は一頭当たり年額300円。
飼育目的を猟犬、愛玩犬、その他などに分けて各自治体が
独自に税額を決めていたようです。

財政不足の日本、もしかして犬税を復活させる気は・・・?
posted by 山の猫 at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | その他税

2008年08月08日

ガソリン高

ガソリン高いですよね〜
私はもっぱら原チャリ族なのですが、それでも
給油に行くと、ずいぶん値上がりしたなと感じます。

今までは給油して、500円玉で数円のお釣りかきたのに
最近は全然足らないですから。

昨日も給油に行ってきました。

この日の価格は「182円/g」
3.59g給油したのですが、前回書きました
ガソリン税について再度この価格で計算してみました。
182円×3.59=653円
・消費税 31円
・揮発油税 48.6円/g×3.59=174.74円
・地方道路税 5.2円/g×3.59=18.66円

税金合計 224.4円!

224.4円÷653円=約34%の税金!!


・・・・どんっ(衝撃)


(揮発油税と地方道路税をあわせてガソリン税と言ってます)

ガソリン税の暫定税率で25円攻防があったのは記憶に
新しいところですね
posted by 山の猫 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他税

2008年08月04日

税理士法第33条の2の様式

突然ですが

この9月より税理士法第33条の2の様式が変わるみたいです。

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/zeirishi/annai/002.htm

最初どこがかわってん!と思ってたら、最後に見慣れない頁がついてました。
書ききれなかったのはここに書いてね、ということらしい。


ふーん。

posted by 山の猫 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | その他税

2008年07月31日

さぁ、夏休み

さぁ、いよいよ夏休みという会社員の方も多いと思います。
今年は原油高騰高のあおりで、海外旅行者数は減少。

国内旅行もマイカーより電車ということで、鉄道駅が
近い温泉地では昨年比の予約者数UPなのものの、
駅から遠い温泉地では昨年比の予約者数DOWNなんだとか。

実際、こないだ富山から来た友人がサンダーバード
に乗ったところ、平日の昼間なのにあり得ない乗車数
で、喫煙席でも空席僅かだったとか。
一方、四国から来た友人は、高速道路が「がらがら」で
家から二時間で梅田まで来られたと言ってました。



さて、会社員のAさん。
いよいよ今週末から夏休み。
家族揃って温泉地にお出かけです。
今年はマイカーも購入、新車で初の家族旅行。
 
マイカー購入

・消費税    本体価格(付随価格込)納車費用の5%
・自動車取得税 本体価格(付随価格込)の5%
・自動車重量税 0.5tごとに18,900円(自家用車)
・自動車税   排気量2,000ccの自家用車 39,500円/年
(グリーン化税制の適用を受ける場合には減税があります)
(身障者手帳をお持ちの方には軽減措置があります)

ガソリン代
・消費税  5%
・揮発油税 48.6円/g
・地方道路税 5.2円/g
(揮発油税と地方道路税をあわせてガソリン税と言ってます)

ガソリン税の暫定税率で25円攻防があったのは記憶に
新しいところですね


さて温泉に到着
・消費税 宿泊費の5%
・入湯税 150円/一人一日あたり

風呂上がりのビール
・消費税 購入価格の5%
・酒税  77円/350ml

帰りの渋滞イライラ たばこ一箱で
・消費税 本体価格の5%
・たばこ税    71.4円
・たばこ特別税  16.4円
・地方たばこ税  87.44円



タバコも酒もやらず、今年のトレンド、
温泉は公共交通機関というのは税負担からも正解!?

(注 実際の事例におきましては最新の法令等を必ず参照ください)




posted by 山の猫 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他税

2008年07月28日

マイホームを買ったら

私自身の話
家を買ったとき、購入金額以外にもその他の諸経費が
かかるから、購入予定額プラスその一割は最低みておけ、
と言われました。

これは新しい家に取り付ける家具なんかもありますが
それよりも、結構かかるのが印紙なんかの税金や
登記にかかる費用、不動産屋さんへの仲介手数料
そして不動産取得税などなど・・・

ローンの場合には抵当権の設定費用や、保険料なんかも
発生してきます。

とりあえずここでは税金の話に絞ってみると

・売買契約書の印紙税 (契約金額によって決まる)
・登録免許税     (固定資産評価額によって決まる)
・消費税  建物の購入代金×5%
・不動産取得税 固定資産税評価額×3%

(マイホーム取得の場合には軽減等の措置があるものも
あります)

といった税金がかかってきます。


購入後には固定資産税や都市計画税なんかもかかって
きますし、ホント何かをすると必ず税金はついてまわって
きますね。。。。

(注 実際の事例におきましては必ず最新の法令等を参照してください)
posted by 山の猫 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他税